スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
くもり。時々、晴れ。
2006 / 06 / 14 ( Wed )
天気、じゃないです。笑
確かにまぁ今日の天気は曇り時々晴れって感じやったけども。


なんていうか、あたしの心の中が。
最近は卒論のテーマについて、黙々と考えてます。
就活も再来週に第1回ガイダンスがあるから、もちろんそっちの方にも気合いれなきゃいかんのやけど。


やっぱり、卒論のテーマは「差別」に関することにしようと思う。
・・・漠然すぎてわかんないって?汗

あたしもです。(ぇぇぇぇ


でもやっぱりきっかけはミクシィのやりとりで。
ハーフが差別用語ってことにΣ(゚д゚)ぇぇぇぇって感じやった。
ものすごい衝撃を受けた。

あたしが気づいてないだけで誰かを傷つけてんやないか。
あたしは何も知らなさ過ぎる。
知らなきゃ。


そう、思った。

でも何から手つけていいのかわかんなくて、ゼミのセンセに相談した。
漠然とした形はあるんやけど、でもそれがうまくつかめない。

先生の研究室にある本のなかで、ある1冊の本が目に止まった。

『きっと変えられる性差別語』って本。

気になって、手にとってみた。最初のページにこう書いてた。

「言葉は権力です」
「マス・メディアは権力を行使しています」

あたしが探してる答えが見つかるかも、と思ってセンセに頼んで借りてみた。


そんな研究をしてる人は多いから、文献もけっこうある。
色々読んでみるといいよ、そしたら形がもっと見えてくるやろうし。
まだ時間あるんやし、納得できるまでじっくり考えて。
研究室まで来てくれたらいつでも相談のるし、メール送ってくれてもいいから。


と、おっしゃってくれました。

よかった、Y先生のゼミ生で。よかった、この大学に来て。



とりあえず、この本を読んだあとは先生が教えてくれた文献をいくつか読んでみようと思います。

東野さんとか唯川さんとはしばらくお別れね。笑
(どちらもあたしが好きな作家さんです(*´∀`*))


以下メモ書き。


『蔑視語 ことばと差別』今野敏彦 著
『マスコミと人権』清水英夫 著
『ことばは生きている』高岡幸一・宮川清司 著
『「言葉狩り」と出版の自由 出版流通の現場から』湯浅俊彦 著
『マスコミと差別語の常識』田宮武 著


よし。がんばるか。

ようやく曇りに晴れ間がさしてきたんやから。
スポンサーサイト
00 : 01 | まなび | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やばいな・・・ | ホーム | ひさしぶりです・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nijiirobiyori.blog32.fc2.com/tb.php/101-dd835958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。