スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
初ですよ。
2005 / 10 / 26 ( Wed )
1日に2本も映画みたん。爆

今日はガッコが休みだったのでね、久々に休みがあったのでだぁとデートしてきたのですよ!!久々です!映画でーと(*´∀`*)

だぁのおうちまで迎えにいって、堀江のカフェでランチしましたv
堀江ってかいもんするよりもカフェめぐりとかしたい派。

これからいっぱい発掘しよね♪ってなりました。
堀江のカフェでハズレあたったことないねんもん!!

内装はまさに堀江!って感じのとこで。
でも音楽が南船場っぽいとかそういう話してました(地元ネタ


で、映画はだぁの見たいいうてた「シン・シティ」。
ブルースウィルス主演のヤツですね。R15指定のヤツですね。(ぉ

感想はまぁ、後ほど・・・。笑

で、その後は難波の色んなとこぶーらぶーらして帰りました。
まぁ、またまた衝突があったんですけど(・ω・`)

ほんまに趣味とかがあわんのよね。何でも。
今にはじまったことちゃうけどさ。

むむむ。自分にできることはしてかなきゃなぁ。
とりあえずすぐすねるのはやめよう。うん。(`・ω・)


がんばれあたし。


それからは地元でおかんと「この胸いっぱいの愛を」見ました。
思ってたよりもひどくなかったと思うにょ。(酷
うん、あたしは意外とイケた。

泣きはしやんかったけどねぇ。笑

最近、映画で泣いてない・・・SHINOBIも泣いてへんし。
うーん。春の雪、泣けるかなぁ。泣きたいなぁ。思いっきり。


蝋人形の館ではなかんやろうしね。爆


さて、以下映画についてのネタバレです。
見たひと もしくは 見る予定がないひと もしくは 見ても文句いわんひと だけ見てね♪

まず、シン・シティについて。

総合点:60点。
まず第一の感想は「あぁ・・・R指定やなぁ」って感じ。
もう、ひと何人死んだんかなぁ。
ありとあらゆる殺し方(と、死に方)使ってたんちゃうかなぁ。

映画が白黒ってのが唯一の救い。
グロいの苦手なひと、見ない方がいいです、マジで。

つかこれ、デートで見る映画じゃねぇよ。爆
しゃあしゃあと見てたあたしらって・・・・・・・・・・orz笑

話自体は至って単純なんで、何も考えんと見るのがいいです。
あまりにもぽけーっと見てたんで、映画終わったあとに「退屈してたんかと思った」って言われたし。爆


あと、一部だけタランティーノが監督したってのがあって、そこのシーンは「あぁ、タランティーノの世界やなぁ」って感じがもろに出てました。笑 キル・ビルの世界?笑

ほんま、血ぃどばどば出るんすっきゃなぁ。爆


80年代のアメリカ映画って感じでした。
短編が何個かと思ってたら、最後ちゃんと繋がってたんでそれはびっくりしたにゃ。



次に、「この胸いっぱいの愛を」。
オグがおもんなかったー言うてたから不安やってんけど。(・ω・`)

話自体は王道やから先は読めてまうんよね。
伊藤さんが死んでるってのはびっくりしたけども。

でも、あたしはミムラとかよりも不良少年の話のがすきやった。
あそこもっと詳しくしてほしかったなぁ。(・ω・`)

クドカン、ほんま存在薄いし。爆


ただ、劇画中出てきた、

「世の中には生きたくても生きられない人がいるんだよ!」

ってことば、あたし、だいっきらい。

死のうとするひとによくいうけどさ。
ほんまに死にたいひとはそんなことしったこっちゃないんよ。
他人のことなんて知らんわ、あたしはあたしの価値観のなかで苦しんでるんよ。
ちっぽけな悩み?それはあんたにとっては他人事やからやろ、って。


ひねくれてるけど、あたしはそう思う。

それなら、「あんたが死んだらいややから生きてくれ」とか言われた方がずっとがつんとくる。

このことば出た時点で、さーーーっとさめてもーたからなぁ・・・。

そして最後のミムラがキャバ嬢っぽかった。爆



映画三昧でした(*´∀`*)
スポンサーサイト
23 : 41 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<そういや最近 | ホーム | 給料日ぃ!>>
コメント
*  *

>世の中には生きたくても生きられない人がいるんだよ!

まぁ、確かに、死にたい人を止めるのにはこれでもか!ってほど効きませんよねぇ。
死にたくなるときって自分しか見えてないから死にたくなるんだし。
そこでいきなり「他人様を見ろ!」なぁんて言われても・・・・。

言葉自体は確かにそうだろうな、うん。と思うし実感もしてるけど、自殺の説得には向かんね。

とある有名な社会学者が大学院の試験か何かで「あなたの前に自殺しようとしている人がいます。あなたは何と言って自殺をやめさせますか。」って問題が出てさ、
その人は「結婚しよう!」って答えたらしいです。笑

同姓でもか!?(ぉ


シンシティは井筒監督が真面目に説教をし始めるくらい大批判してたので絶対観ません。
イライジャウッドがどうなってるかは気になるけど。笑
by: かた * 2005/10/27 * 04:51 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

あ、よかった共感してくれるひとがいて。こういうひねくれたことばっか言うてるからあんたは~・・・・とか言われる(てか思われる)と思ってたからさ。(結構マジ

まぁ、ある意味ひねくれてなきゃ社会学なんかできませんけどね!笑(*´∀`*)

そういう言葉って、自分の大切な人ほど言われて辛いと思う。
あんたはあたしじゃなくて誰を見てるんよ!?あたしを見ろよ!ってな。(またひねくれ発言


あ、確かにあたしやめるかも。爆

同姓やったら「愛してます!」とか?びっくりしてやめるかも。笑あ、でも引かれたらどうしよう。笑


井筒監督ってゲロッパ!とかの監督さんやのね。(調べた
ちょんって井筒さん好きなんやぁ。初耳かも?


イライジャウッド・・・あ、「ケビン」ね。うーんこれもえぐかった。爆
今度メッセででも話しますかぃ?
もしよろしかったら(*´∀`*)

by: ゆい * 2005/10/27 * 10:17 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

精神的に余裕のある人は「生きたくても生きられなかった人もいるんだから生きてるあたしはがんばろう」って思えるけどさ。
弱ってる人に吐く言葉じゃないのよねぇ~。

え、むしろひねくれるのが社会学の鉄則じゃないですか?爆
普通の人が気にもせずやってることをわざわざ取り上げなきゃいけないんだし。


別に井筒監督が特別好きってわけではないけど(映画1本も観てないしね)
たまたまテレビで映画に星つける番組やっててそこで
「映画は娯楽なんですよ。娯楽で人殺したり血ぃ出たりして楽しいですか。
アメリカの奴らは狂っとる。キャストもみんな原作読んで是非出たいとか言うてんのやろ、みんな人殺ししたい奴らばっかりや。
これ観て喜んどる奴は頭おかしいわ」
って。
いつになくスタジオもしーんとしてたしね。
一応フォローはしてたけど、みんな監督の言うことに考えさせられてる顔だったし。

いつもは何でもかんでも否定するばっかりで面白くなかったけど、
あれ見たら一気に井筒監督見直しました。笑
by: かた * 2005/10/28 * 17:41 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

弱ってる時にそのことばってある意味とどめになるよな。
むしろ、弱ってるときは何もいわんでもいいから温もり感じたい。

まぁそうですよね。笑
だからさらに最近ひねくれてるのかしら。笑

あぁ、なるほど・・・。
そりゃ一理あるわ。あたしもちょっと考えてもーたし。
まぁでも何ていうか、それを娯楽ととる人もいても変じゃないと思うねんけどな。あれだ、エロビとかとちょっと似た部分っていうか。痴漢モノとかレイプモノとか、それを見て欲求を解消してるひともおるわけやし。人殺してみたかった、いうてほんまに人殺すより、血ィ出る映画みて「あーすっきり」って言うほうがよっぽどましやと思う、あたしは。

好き嫌いはわかれるってのは重々承知の上での発言ですけど。
by: ゆい * 2005/10/28 * 23:29 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

多分、
人殺したい衝動が出てくる時点でおかしいと言っているのではないのかと・・・・。

あたしは主に明徳義塾の事件から、グロい人殺し漫画読んでも結局衝動を抑えられなくてむしろ助長する結果になると思ってるんですけどね。
人の感覚って段々マヒしてくるし。
時々ならまだしもグロ系ばっかり好んで見てると実際やるのも大して苦じゃなくなる気がする。
ある種スポーツ選手のイメトレみたいな・・・・。
by: かた * 2005/10/29 * 22:33 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

あー、そう言われてみたらそんな気もする。>明徳義塾
憎くてなら別やけど、興味で人殺したいと思ったことはないから想像するしかないもんなぁ。

でもイメトレと実際って一致しやんことの方が多い気がする。グロ系みて興味もって、ほんまに人殺して、それで欲求って満たされるもんなんかな。
想像の域をでやんからこそ、自分だけの満足感をえるってのもあると思うねんけど。


まぁ、結局は人殺したい衝動出てくる時点でおかしいんちゃうか、とは思うけどさ。

by: ゆい * 2005/10/30 * 00:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nijiirobiyori.blog32.fc2.com/tb.php/9-8c4e7a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。